最新情報!ED治療について

最新情報!ED治療について

ED治療薬は中折れや勃起不全改善に用いられるお薬です。こちらではED治療薬の使い方やお薬の種類についてお伝えてしていきます。現時点で性行為に満足されていない方は是非一度ED治療薬を使って改善を図ってみましょう。

日本人に合ったED治療薬とは

日本人に合ったED治療薬は、医療機関で処方されているものです。
これらはすべて国内承認されており、日本人向けに作られたものです。
海外仕様と比べて用量に違いがありますが、これも日本人の体質・体型などを考慮して決めたものです。
バイアグラを例にすると、海外では100mgが当たり前のように販売されていますが、日本の医療機関では50mgが最大です。
小柄な日本人は50mgでも十分な効果を期待できるので、100mgは不要というわけです。
現在、日本国内で入手できるED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類しかありません。
海外では第四のED治療薬が登場していますが、日本では承認されていません。

個人輸入でED治療薬を取り寄せる場合は、日本で処方されている薬、用量を選ぶようにしましょう。
未承認の薬に関しては、自己判断で服用するしかありません。
医師に相談をしても、アドバイスを受けることはできないでしょう。
個人輸入は海外の薬を通販感覚で取り寄せることができるのが魅力ですが、医師や薬剤師などの専門家のアドバイスを受けることはできません。
個人輸入代行サイトの運営元のスタッフも、薬に関する知識はあまりないのです。

ジェネリックを購入する場合は、先発薬と同じ成分の薬を選ぶようにしましょう。
バイアグラを服用している方なら、バイアグラと同様のシルデナフィルを主成分とするジェネリックを選びましょう。
ジェネリックは先発薬とほぼ同等の効果を期待できるため、薬代の節約をしたい方に適しています。
インド製のジェネリックは非常に安価で、1錠あたりの価格は先発薬の1~2割程度となっています。
200円未満でバイアグラ、レビトラ、シアリスと同等の効果が得られるのです。

ED治療薬の正しい使い方

ED治療薬を使ううえで、必ず守らなければならないことがあります。
それは、併用禁忌となっている薬と使ってはいけないということです。代表的なのは狭心症の治療に用いられる硝酸剤が入った薬です。
ニトロと呼ばれる薬で、一般的な錠剤タイプから、舌下錠や塗り薬など様々な形態があります。併用してしまうと、血圧が下がりすぎて心肺停止の危険性もあります。
また、高血圧の持病がある人も、薬で血圧をコントロールできていない場合には使用は危険です。不整脈の場合は、運動制限が出ている場合には、そもそも性行為自体が制限されます。
ED治療薬バイアグラを使う時には、性行為の1時間前に水で服用します。水が用意できない場合には、清涼飲料水、お茶、アルコールで飲んでも良いですが、脂肪分が含まれる飲み物(牛乳など)は薬の吸収を悪くさせてしまう可能性があるので、避けたほうが良いです。
服用から24時間は、次の投薬は行わないようにして、1日1回飲みます。
注意が必要なのは、ED治療薬は食事の影響を受けることがあるということです。特に第一世代のED治療薬バイアグラは、空腹時に飲まないと十分な効果が現れない可能性があります。第二、第三世代の薬と進んで行くにつれて食事の影響を受けにくく改良されていますが、高カロリー、高脂肪の食事と一緒に使うと効果が薄まってしまうおそれがあります。
なので、食事をとるのならば30~40分前に服用すると良いです。空腹時の服用よりは効果が薄まってしまうことがありますが、かえって程よく効く場合もあります。食事をとる場合には、できるだけさっぱりした脂身の少ない食事をとるようにすると薬の効き目が弱まってしまうのを防ぐことが出来ます。

ED治療薬の主な副作用

ED治療薬を利用すると、陰茎海綿体への血液の流れが良くなって勃起力を改善することが出来ます。では、こうした治療薬を利用するときに何か副作用が生じることはないのでしょうか。
基本的に、ED治療薬を利用するときに生じる副作用はそれほど大きなものではありません。正しい用法で利用している限りは、風邪の初期症状のような状態になるだけです。熱が出たりはしませんが、鼻水や顔にほてりがでてくるようになります。
しかし、こうしたED治療薬の副作用の症状も薬の改善によって出来るだけ小さく抑えることが出来るようになっていることもまた事実です。近年は、薬の効果を長期間継続させるために一気にきつい効果を生じさせる成分を取り除いている薬も登場しています。ED治療薬の効果が大きいのは、即効性のある成分を使っている薬が多いからです。当然、こうした成分を使うと身体に対する負担も大きくなってしまうことから近年はこうした成分をなるべく使わないようにしています。緩やかにかつ継続的に効果を持続させることで、満足のいくED治療を実現しているのです。
また、副作用とは少し異なりますが薬を服用した前後に食事を食べたりアルコールをとったりしないように気をつけなくてはいけません。ED治療薬の中には、特定の成分と一緒に複合されることによって身体に重大な後遺症を遺してしまうことになるものも存在します。食事やアルコールをとると治療薬の効果そのものが変わってしまうことが多いので、使用するときは空腹の時がベストなのです。
このように、ED治療では薬の成分だけではなくその使い方によっても身体に影響を与える可能性のあるものも存在します。こうした点だけ注意をして治療薬を服用しましょう。